株式会社トクニ工業

  • トピックス
  • サイトマップ
ホーム > 加工事例 > ガラス瓶専用破砕機
加工事例
加工事例
ガラス瓶専用破砕機

ガラス瓶専用破砕機 P-650DXT

業界一の納入例と豊富な経験を持つ技術者が、ガラスの手強さを充分に踏まえ自信をもって提案します。


Point1

ドリンク瓶、ワイン瓶、一升瓶、ガロン瓶までの、様々なガラス瓶に対応します。

リンク:ガラス瓶の種類


Point2

ワンタッチ ON/OFFで、即時投入が可能です。


Point3

跳ね返りのない投入方式で安全に作業することが出来ます。


Point4

安定した処理能力を継続できる一軸回転式ブレードを、採用しています。


Point5

処理能力は一升瓶(1.8ℓ)で1分間あたり14本、ワイン瓶(0.7ℓ)で1分間あたり28本となっております。


Point6

集積箱を破砕機下に設置することで、カレット(破片)にふれることなくスムーズに回収することが出来ます。ドラム缶にも対応しています。集積箱を複数設置することでガラス瓶を色別に破砕処理することが出来ます。


Point7

自在キャスター(φ100)付きなので、移動も容易に行うことが出来ます。


Point8

長く安定して使っていただける為、メンテナンス作業を考慮したシンプル構造になっています。


ガラス瓶専用破砕機 P-650DXTが選ばれる理由

ガラス瓶破砕作業における重要事項は、作業者の安全、安定した処理能力、そして長く使い続けられることです。


①効果

処理能力は一升瓶(1.8ℓ)で1分間あたり14本、ワイン瓶(0.7ℓ)で1分間あたり28本、1時間あたり800kgです。カレット(破片)はリサイクルすることが出来ます。また空瓶を破砕することで小容化し、輸送効率を向上させることが出来ます。


②信頼

豊富な納入実績を持つ技術者が、自信をもって提案します。ガラス瓶特有のリスクを踏まえ、お客様の抱える問題点を一つずつ解決し、スムーズな導入、安定した稼働をサポートします。


③安心

企画・設計から製造・据え付けまで一貫生産で行っています。お客様個々の問題も対応できるようカスタマイズを行うことも可能です。


④メンテナンス

長く使っていただくためには、定期的なメンテナンスが不可欠です。メンテナンス部品の調達、オーバーホールにも対応します。


⑤ご相談ください

ガラス破砕機の導入を検討の際は、用途・使用頻度・設置場所をイメージした上でTelもしくはMailにて、ご相談ください。


■仕様

本体:スチール焼付塗装仕上

サイズ:W860×D860×H1850

自在キャスター(φ100)付

投入口:410×220

重量:160kg(本体120kg)

電源:三相200V 1.5kW,4P

処理能力:800kg/h

カレットサイズ:10mm~100mm(約95%)


■特定用途対応機種

KP-9401(大量処理対応型)

P-600KBS(医療系、中身入り瓶対応型)


■設置事例

酒販店

ガラス瓶製造業者

飲料メーカー

酒造会社

病院

製薬会社

研究施設

リサイクルセンター

etc…

ガラス瓶専用破砕機P-650DXT

ページの先頭へ

株式会社 トクニ工業 〒959-0116 新潟県燕市新興野15番28号 Tel 0256-97-4721 Fax 0256-97-6666