株式会社トクニ工業

  • トピックス
  • サイトマップ
タレパン加工

タレパン加工とは、正式には「タレットパンチプレス」といいます。
金型(かながた)を組み合わせてプレスして所定の形に加工します。

金属の板(板金)に丸・四角等、いろいろな形状に穴をあけたり、切断等を行うマシンです。穴をあけたり切断したりする刃の部分を金型といいます。ルーレットのような形をしたタレットの中に専用の金型を入れ、形抜きのように展開形状に材料を加工していきます。

EM3612ZRT 30t × 1550 × 3050

マニュピレーター仕様

ブラシテーブルで裏キズを軽減しています。

使用する金型のみ上下するタイプです。

他の金型による擦り傷を軽減します。

バッファタレットからメインタレットに金型を入れ替えている様子。

従来より多くの金型を組み合わせて加工することが可能になります。

サーバーと各加工機をLAN配線でつなぎ、スピーディーに加工データの更新を行います。

モニターではGコードを追いながら自動で作業していきます。

ツールストレージ:金型ラック。

179種類の金型をストック、ID管理により金型の状態を把握することが出来ます。

ページの先頭へ
  • オリジナルプロダクト
  • 加工事例紹介
  • まずはご相談ください。

株式会社 トクニ工業 〒959-0116 新潟県燕市新興野15番28号 Tel 0256-97-4721 Fax 0256-97-6666