株式会社トクニ工業

  • トピックス
  • サイトマップ
溶接加工

溶接加工とは、材料に応じて金属材料同士の接合部を高温の熱または圧力、もしくはその両者を加え、部材と部材を接合する加工のことを言います。TIG熔接 MIG熔接 スポット熔接と用途に合せて使い分けます。

仕上がりの重要工程

熔接は金属を溶かすため、冷えて固める際に部材が収縮し歪みが発生します。歪みを最小限に抑え、必要寸法の範囲内に収めるため矯正をかけます。TIG熔接(アルゴン熔接)は作業者の技術レベルにより仕上りが大きく左右されます。手習いと反復練習。技術を身体にしみこませる、指先から伝わってくる感覚をどのように感じ取ってどう反応するか。熔接は仕上りを大きく左右する重要な工程です。

昇降式の作業テーブルを4台設置し、熔接するワークに合わせて最適な作業環境をカスタマイズします。

各テーブルには、TIG熔接機、MIG熔接機を設置。

用途に合わせて熔接方法を選択します。

スタッド熔接機

φ6までのスタッドビスの熔接が可能

スタッドビス

用途ごとに、スチール用・SUS用

オス・メス、M3~M6まで。

長さなど、様々な組み合わせがあります。

中心にスタッドビスを差し込んで、3点で垂直を出して熔接します。

ファイバーレーザー熔接機

熔接の際、発生する光が有害なため、専用のボックスの中で作業します。

スポット熔接機

チップの先端に高圧の電気を流して、部材同士を溶着します。

用途に応じて4台のスポット熔接機を使い分けています。

ページの先頭へ
  • オリジナルプロダクト
  • 加工事例紹介
  • まずはご相談ください。

株式会社 トクニ工業 〒959-0116 新潟県燕市新興野15番28号 Tel 0256-97-4721 Fax 0256-97-6666