株式会社トクニ工業

  • トピックス
  • サイトマップ
ホーム > 沿革
会社情報
会社沿革

トクニ工業の歩みは創業者であり現在会長である中島徳太の歴史ともいえる。
「今日食う飯のために働く」と昔を振り返るたびに語る会長。
つらい波乱に満ちた創業期を経て現在に至る。

全ては1台のボール盤から始まった。

創業後、初めてありついた安定した仕事が、バー材と呼ばれるフラットバーに穴を開ける仕事。ドリルで穴を開けるために、バリが出にくく長持ちするドリル研ぎは重要な作業だった。当初は見よう見まねで始めたドリル研ぎであったが、何千回、何万回と繰り返すうちに社内随一、ドリル研ぎ専用の機械より高レベルなものが作れるようになった。その後パワープレスを購入。ギフト用調理器具・バーベキューコンロなどを手掛ける。
プレス加工は当時の主力事業で20数台のプレスで生産ラインを組んで、毎日8000パンチをカウントするほどになっていった。プレス金型の作成にも参入するが、数年後に撤退。その後円高の影響で、プレス加工で大量に日用品を作る仕事は海外へ。

その間、板金向けの仕事を増やし機械設備を整えていく。金型用のテストプレートを切っていたレーザーは、加工分野を、農機具・パネル・カバー・産業用機械部品・照明器具・店舗什器・ディスプレイ台などへと広げていく。
権限委譲こそ人材育成の第一歩、自分で考え、自分で工夫し、自力で上達していく。苦労して覚えるから上達するし、忘れない。自分がお客と直接約束した納期だから、納期遅れを出せない。当事者意識を持たせ、やりがい・達成感・感謝の言葉を肌で感じる。スタッフ自身が成長を自覚できる。そのような会社を目指し早々と世代交代を行う。
休日には寺泊港から船に乗って趣味の釣りへ。60センチ、時には70センチを超える真鯛を釣り上げることも。(写真はその日1番の大物を釣り上げて釣り船のホームページで紹介されたもの)

会社沿革

1947年 昭和22年 創業者である中島徳太は、新潟県長岡市の外れ信濃川を挟んで直江兼継ゆかりの地与板の対岸に位置する中条という農村部に、農家の長男として生まれる。
三条工業高校第1期生として高校を卒業後、地元企業への就職し、数年の後、単身川崎へ上京。
1971年 昭和46年 分水町で独立開業
数年後、前身である有限会社中島製作所を作り、法人化。
1981年 昭和56年 株式会社トクニ工業設立
社長 中島徳太
資本金1000万円
1993年 平成3年 本工場新設
1999年 平成11年 第2工場新設
2004年 平成16年 資本金2000万円(1000万円増資)

ページの先頭へ
  • オリジナルプロダクト
  • 加工事例紹介
  • まずはご相談ください。

株式会社 トクニ工業 〒959-0116 新潟県燕市新興野15番28号 Tel 0256-97-4721 Fax 0256-97-6666